TOPICS NEOS ブログ

2023.06.15

自転車

【6月の推しバイク】TREK FUEL EX8のスペック紹介

-目次-
  1. 「今回ご紹介する商品」
  2. 「軽くて丈夫なアルミフレームでケーブルもフレームの中を通すインターナルルーティンで見た目もすっきり」
  3. 「沖縄のトレイルでかなり安心して楽しめるスペックのフロント&リアサスペンション」
  4. 「重要な変速&ブレーキは安心の日本ブランドShimano製」
  5. 「その他のGOODなスペック」
  6. 「【TREK FUEL EX8/トレック フューエルイーエックス エイト】のまとめ」

みなさんこんにちは。
NEOSのサイクル担当です。
今日は先日HPでご紹介した「6月の推しバイク」のうちの1台を詳しく紹介していきますね。
それではご覧ください!!

【TREK FUEL EX8/トレック フューエル イーエックス8】


モデル年式:2022年
サイズ:Mサイズ(適応身長:165~176cm)
コンポーネント:Shimano XT SLXの混成 12Speed
ブレーキシステム:油圧ディスク
カラー:Alpine Blue/Deep Dark Blue
販売価格:486,200(税込)
     ⇓
販売価格はサイクルスタッフにお尋ねください。

軽くて丈夫なアルミフレームでケーブルもフレームの中を通すインターナルルーティンで見た目もすっきり


FUEL EX8のフレームは丈夫で軽量なAlpha Platinum Aluminumを採用。
マウンテンバイクはサスペンションやディスクブレーキを搭載しているので重くなりがち。
実際に世界的に有名な某台湾メーカーのアルミフルサスMTBはSサイズ(同等の適応身長)で15.2kgですが、FUEL EX8はなんと13.86kg!!

自転車の重量に関しては色々考えがあると思うのですが、やはり軽いとその分だけ漕ぎ出しが軽くなったり自転車を持つシチュエーションが出てきたときにメリットですよね。

でも、軽いからフレームが弱いといったことはなく、「軽いけど丈夫」という相反することを実現させているTREKはさすがというところですね。

写真では写っていませんが、ワイヤー関係はフレームの中を通るインターナルルーティンが採用されているので、見た目にもすっきりしていますし、変速のワイヤーが錆に杭頭メリットも◎

やはり沖縄は内地に比べて潮風がついて回るので、ワイヤーの錆び=変速性能の低下やワイヤーが切れるということに直結するのでこの仕様はありがたいですよね。


▲目次に戻る


沖縄のトレイルでかなり安心して楽しめるスペックのフロント&リアサスペンション


フロントサスペンションは140mmトラベルのものがついています。
沖縄でのトレイルライドはもちろん、内地でのダウンヒルライドでも十分活躍するスペックになっています。

山だけで遊ぶだけではなく、通勤通学で使う方にももちろんメリットが。
沖縄は舗装路でも結構ガタガタ・ボコボコのところが多いですし、歩道から車道へも段差がありクロスバイクなどで走っているとどうしても衝撃が手やから全体に伝わってきますが、FUEL EX8はフロントサスペンションがついているので、スピードを出した状態で段差に突っ込んでも大丈夫◎
やはり沖縄ではマウンテンバイクはメリットの大きい自転車ですね。


リアサスペンションは130mmトラベルになっています。

フルサスとハードテイルMTBの違いは何といってもトレイルライド時の安心感。
ハードテイルだとフロントはサスペンションで衝撃を吸収してくれますが、リアは自転車の跳ねを抑えるために自分の荷重コントロールがどうしても必要になってくるのですが、フルサスは自転車に任せっきりでOK♪

単純にトレイルライドを楽しめるのはさすがフルサスMTBといったところですね。

▲目次に戻る


重要な変速&ブレーキは安心の日本ブランドShimano製

    
コンポーネントは日本が世界に誇るパーツブランドShimanoの製品が標準装備!!

ブレーキは軽い力でしっかりと効き、しっかりと緻密なスピードコントロールもできます。
もちろん油圧ブレーキになっているので、機械式と違ってワイヤーの伸びは起きずブレーキのタッチも長い間変わることはありません。
ディスクブレーキなので、雨の日でもブレーキの効きがほとんど変わらないのもメリット♪
なので、通勤通学で雨の日も自転車で行くという方にとってはありがたいですね。

変速関係ももちろんShimano製のパーツです。
シフターと変速機スプロケットはXTグレードでクランクはSLX製という混成コンポーネント
Shimanoの変速がスパスパ切り替わってくれXTグレードだと変速のタイムラグもないので、自分が思ったときにしっかりと変速してくれるのでもたついてストレスになるということもありません。

そして、何よりもShimano製がいいのは他ブランドに比べてコストパフォーマンスが抜群にいいこと。
やはり、機械なので使っていれば壊れることももちろんありますよね。
でも、交換となっても費用がほかのメーカーに比べて安いところが◎。

品質・値段とのバランスがとても素晴らしいのはさすが世界のShimanoのといったところですね。

▲目次に戻る


その他のGOODなスペック



FUEL EX8はドロッパーシートポストが標準装備されています。
ドロッパーシートポストとは自転車から降りることなくサドルの高さをレバー一つで変えられるものです。

クロスバイクなどはサドルのシートポスト(サドルの下の棒の部分)が固定されいるところを六角レンチでゆるめてサドルを上げ下げしないといけないのですが、フルサスMTBは山で遊ぶことが前提であるためにいちいちバイクから降りてサドル高を調節しなくてもいいのになっています。

なので下りではサドルを下げて後ろ荷重にできるようにし、登り区間ではシートポストの高さを上げシッティングで坂を上っていけるようにできます。
これ超便利なんです!!一回経験するとかなりほしくなるスペック。これが標準装備なのはすごくありがたいです!!



タイヤは29インチの大きさが入っているので、走破性は抜群にいいです。

街乗りでも一回スピードに乗ってしまえばグイグイ進んでくれるので、普段使いにもGOOD◎
そして、タイヤは最初からチューブレス仕様になっているので乗り心地もかなり良くなっています。

万が一、ライド中にパンクしてしまっても替えのチューブさえ持っていればまた走れます。
後でクリンチャーからチューブレスに変えようと思うとチューブレス仕様のホイール+リムフラップ+タイヤが必要になってきてしまうのでプラスの費用が掛かりますが、FUEL EX8は最初からチューブレス仕様なのでお財布にも優しいですね。

▲目次に戻る


【TREK FUEL EX8/トレック フューエルイーエックス エイト】のまとめ

フルサスマウンテンバイクだけど13.86kgと超軽量+丈夫なアルミフレーム
沖縄のトレイルライドや内地のダウンヒルライドでも楽しめる140mmトラベルのフロントサスと130mmトラベルのリアサス搭載
走行に大事なブレーキ&変速関係パーツは信頼の日本ブランドShimano製のもの
ワンタッチで簡単♪ドロッパーシートポストが標準装備!!
走破性抜群の29インチタイヤは最初からチューブレス仕様

いかがでしたでしょうか??
このままで沖縄のトレイルが遊べる仕様のTREK FUEL EX8(トレック フューエル イーエックス エイト)

フルサスのマウンテンバイクをお考えの方にはかなりおすすめの自転車になっています。
今回「6月の推しバイク」の1台になっていて、ご購入者には1万円のNEOS商品券プレゼント+かなりお買い得な価格ということになっています(ここではこれだけしか言えないのがもどかしいですが、気になった方は是非サイクルスタッフに聞いてください!!)

こちらのFUEL EX8は1台限定となっているため早い者勝ちになっております。
お取り置き&予約も受付できませんのでご了承ください!!

絶対に損はさせない内容になっていますので、気になった方はお早めにサイクルスタッフまで!!

▲目次に戻る

OUTDOORSHOP NEOS 〒901-2131浦添市牧港2丁目50-11
Tel:098-877-6122
営業時間: 10:00〜19:00
定休日:  毎週水曜日
Google Map View

© OUTDOORSHOP NEOS.All Rights Reserved.

© OUTDOORSHOP NEOS.All Rights Reserved.